作品紹介:
ルーズソックスのJKほど、あの頃の青春の興奮を思い出させるものはない。綺麗な生足を包み込むルーズソックスを愉しみながら、勝手に半中半外で精子をぶち込む最高の円光な半日でした。