作品紹介:
私は家出同然で上京してきた夫と結婚して3年が経ちます。今年、義母の訃報を受け、独り身の義父を案じた私たちは夫の実家で暮らす事になりました。義父も快く受け入れてくれて、夫と二人で暮らしていた時と変わらぬ生活を送っていましたが夜の営みが極端に短い事だけが悩みでした。その日も子作りの後、身体の疼きを抑えようと浴室で自慰をしていたのですがその姿を通りかかった義父に目撃され、ワシが慰めると迫ってきて…。